アラフォー女性の加齢臭対策
今日からおばさん臭とはオサラバしよう!
加齢臭の基礎知識

加齢臭とワキガってなにが違うの?それぞれの原因と対策は??

わきの臭いを気にする女性

加齢臭との違いが気になる体臭として「ワキガ」があると思いますが

この二つは全く種類が別物です。

種類が別物という理由の1つは、まず「臭いが発生する場所が違うこと」です。

加齢臭は皮脂腺の多く存在する場所から発生します。
皮脂腺は全身にありますので、加齢臭は体の多くの場所から発生することになります。

しかし、ワキガは主にわきの下やデリケートゾーンから発生します。

この発生場所の違いは、臭いの発生原因が異なることによるものです。

加齢臭の原因は、皮脂が酸化して発生したノネナールです。
皮脂が酸化するのは、皮脂腺の部分ですから、
皮脂線がより多い場所、たとえば顔や背中から発生しやすいということです。

特に女性の場合は、化粧汚れが毛穴に残っていたりすると、
加齢臭が顔から発生しやすくなるとも言われています。

一方わきがは、汗腺のアポクリン腺という場所から分泌する成分によって発生します。

アポクリン腺は脇の下やデリケートゾーンに多く集まっているので、
その部分から臭いが発生することがほとんどです。

2つの臭いの種類が別物という理由の2番目は「発症しやすい年齢」です。

加齢臭はその名の通り、加齢によって起こることが多いので、
発症しやすいのは40歳以降だと言われています。

しかし、ワキガは加齢とは関係がないため、
思春期である10代から20代で発症することがほとんどです。

2つの臭いは、臭う原因や発生する場所が違うので、対策方法も異なります。

加齢臭は生活習慣を見直すことや、抗酸化作用のあるものを積極的に摂るなどの
対策が必要となりますが、ワキガは、生活習慣の改善では対策としては不十分です。

ワキガは、汗そのものが臭うのではなく、汗が細菌によって分解される際に
臭いを発するため、こまめに汗を拭き取ることや制汗スプレーなどの方法で
臭いを抑えることが対策としては効果的です。

なお、汗を拭き取る際には、濡れたタオルや身近なものだと、殺菌作用がある
ウエットティッシュなどを使用するといいでしょう。

とにかくワキガ対策としては「臭いの原因部分を清潔に保つこと」が1番大事。
汗を拭き取るだけでなく、下着やシャツをまめに着替えることも有効的です。

根本的にわきがを治癒させるには、手術をするという方法もありますが、
必ずしも治るというわけでもなく、副作用などの懸念も少なくはありません。

手術を考える前に、まずはしっかりと臭い対策をしてみることも大切かと思います。