女性の加齢臭と生理は関係ある?女性ホルモンの影響??

森の優しいひだまり 加齢臭に対する正しい知識を身につけよう!

森の優しいひだまり

加齢臭は中高年になると途端に増えてくる臭いの悩みです。

臭いの特徴はチーズや古本、そしてロウソクの臭いなどと言われており、
正直なところ、いい匂いとは言い難いニオイです。

人によっては強い臭いを放ちすぎて、
周囲の人を不快な気持ちにさせてしまうこともあります。

そんな加齢臭を男性だけのものと思い込んでいる人がいますが、
それはまったくの勘違いです。

加齢臭は男性にも女性にも起こる臭いの悩みなのです。

通常の場合は女性よりも男性の方が臭いを感じます。
理由は男性は男性ホルモンが強いので、過剰に皮脂を分泌するからです。

加齢臭の原因は脂肪酸の酸化であるため、皮脂の分泌が多いと酸化する量が増えて、
加齢臭の原因である「ノネナール」がたくさん発生します。

このため男性ホルモンが多い男性の方が加齢臭が強くなってしまうのです。

このようにホルモンは加齢臭に大きな影響を与えます。
そしてこのホルモンの影響により、女性の加齢臭も強くなることがあるのです。

女性には避けらない「生理」ですが、これによって加齢臭が強くなります。
生理前や生理中はホルモンのバランスが崩れて、皮脂の分泌量が変化するからです。

生理前になるとまず、皮脂の分泌が増えます。
すると、皮脂腺が詰まることにより、脂肪を酸化させます。

このような流れで生理前後には加齢臭は強くなります。

でも、この場合は一時的に強くなるだけなので、
きちんと臭いのケアをしていれば、凌げるでしょう。

問題は、生理が終わった閉経後です。

閉経後は急速に女性ホルモンが減少します。
女性ホルモンは脂肪酸の酸化を防ぐ、抗酸化の力を持っています。

女性ホルモンが減少すれば女性も同年代の男性と同様に皮脂を分泌することになるので、
加齢臭が途端に強くなってきます。

このため、女性は閉経後に強い加齢臭に悩まされることがあります。

急に加齢臭を感じてきたとしたら、
それは生理が終わったのことが影響したのでしょう。

女性の加齢臭はこのような理由から、
加齢と共にどんどんきつくなってくるのでお気をつけください。

40代を越えた辺りからは要注意なので、
しっかりケアして酸化した皮脂を落としておきましょう。

女性は中高年からの臭い対策がとっても大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました