老人臭ってなに!?発生が気になる年齢や予防と改善の方法

仲が良くて可愛いおじいちゃんとおばあちゃん

多くの人が感じたことがあると思われる「おばあちゃん(おじいちゃん)の臭い」。
40代頃から発生する加齢臭とも、ちょっと違った臭いがしますよね。

多くの場合、こういったお年寄り特有の臭いを「老人臭」と呼びます。

加齢臭と老人臭は似ているような気もしますが、イコールではありません。
加齢臭の主な原因は皮脂が酸化して発生するノネナールによるものですが、
老人臭の原因は単にノネナールだけというわけではありません。

老人臭は、様々な要因が絡みあって発生する体臭の総称を指し、

具体的には、加齢臭がさらに進行したものだったり、口臭や肝機能低下により
アンモニアの分解ができないこと、腸内環境の悪化によるものなどです。

実は老人臭には特にこれといった定義があるわけでもなく、何歳までを
加齢臭と呼び、何歳からが老人臭であるという明確な指標があるわけではありません。

しかも、この臭いの程度というのも、人によってバラバラで、不規則な
生活習慣を送っている人とそうでない人とでは、老人臭の発生に大きな差もあります。

ですから、どこからが老人臭という決め事はないのですが、一般的には
早い人だと50歳を過ぎたあたりから老人臭が発生したと感じる人が多いようです。

では、老人臭を予防改善するためにはどうしたらいいのでしょうか。

老人臭の原因は、先にも述べた通り様々な要因が上げられますので、対処法も様々です。

まずは、臭いの元となる皮脂をきちんと取り除くことが大切です。
皮脂は耳の後ろや背中、わきの下、背中の上部など、皮脂腺が集中している箇所から
多く分泌されます。これらの部位を丁寧に洗うように心がけましょう。

また、口臭が気になると言う人は、入れ歯や歯石、歯槽膿漏などの歯周病が原因と
なっていることが多いため、歯科医できちんとしたケアを受けることをオススメします。

また、老人臭は内臓機能の衰えにより発生する場合もあります。

そのため、食生活の見直しや生活習慣の改善、さらには内臓機能の衰えを
予防するためのサプリメントの利用なども改善するのに効果的だとされています。

老人臭は、ほとんどの場合自分で気づかないうちに進んでいるもの。

日頃の生活習慣を見直すことが、臭いの元を軽減する第一歩となります。
臭いが気になってくる前に是非実践していきましょう。

コメントを残す