女性のミドル脂臭ってどんな臭い?加齢臭の違いと対策

友人からの相談を受ける女性 加齢臭以外の体臭にはどんなものがあるの?

友人からの相談を受ける女性

「最近体から何だかイヤな臭いがする様になった」

そんな風に友人に言われたら、あなたはどう思いますか?
ほとんどの人は「加齢臭なのでは?」と思うのではないでしょうか。

しかし、加齢臭が発生するほどの年齢でもない人なら、それは加齢臭ではなく『ミドル脂臭』と呼ばれるニオイかもしれません。

加齢臭は「主に50歳前後」から発生するもの。それに対し「ミドル脂臭は30歳〜40歳頃に発生しやすい」と言われています。臭いの種類も加齢臭と異なり、加齢臭は古い本やチーズのような臭いなのに対し、『ミドル脂臭』は「酸化した脂」のような臭いを発します。

ニオイが発生する部位は似ていますが、発生する臭いの原因がそもそも違うのです。

加齢臭は、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことにより発生する「ノネナール」と言う物質が原因で起こります。一方、『ミドル脂臭』は頭の汗に含まれる乳酸が頭皮表面のブドウ球菌によって分解され発生する「ジアセチル」という物質が原因です。

「朝起きた時に枕が臭いと感じる」

多くの人にとって加齢臭が気になりはじめる原因の1つです。

あなたが、汗をかきやすい体質で、頭や首の後ろにベタつきを感じることがあるなら、もしかすると、『ミドル脂臭』が出ているかもしれません。

このミドル脂臭を改善するためにもっとも効果的なのは、「臭いが発生しやすい部分をしっかり洗浄すること」です。

たとえば、頭を洗うときには「地肌を丁寧に洗うこと」。

その際、毛穴の汚れや脂をしっかり取り除くために、シャンプーブラシを使うことやノンシリコンシャンプーを使用すること、さらに、頭皮をクレンジングすることなどが効果的です。

夏場などの汗をかきやすい時期は、皮脂が毛穴に詰まりやすいです。

毛穴に皮脂が詰まると、シャンプーの泡立ちも悪くなります。そのため、二度洗いをするようにして、しっかりと泡立てて洗うように心がけ、『ミドル脂臭』の原因となる皮脂をしっかりと取り除くようにしましょう。

また、その際には、「すすぎ」をしっかりすることも大切です。

毛穴にシャンプーの成分が残っていると、頭皮で酸化して臭いの原因になります。

シャンプーだけでなく、コンディショナーやリンスなども頭皮に残らないように、しっかりと「すすぎ」をするようにしましょう。

また、頭皮のほかにミドル脂臭の発生しやすい場所というと、「首の後ろや耳の後ろ」「背中の上部」などいくつかありますが、それぞれの場所を丁寧に洗浄するように心がける必要があります。

体臭対策用の石鹸もあるので、そちらを使うことも効果的です。

→  たった3ステップで女性の悩みをケアする石鹸

「臭いが発生しやすい部分をしっかり洗浄すること」は、『ミドル脂臭』対策だけではなく、さまざまな体臭対策の基本です。

周りの人の態度で気が付く前に、普段から心がけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました