更年期は加齢臭が強くなる!?気になるアンモニア臭の正体

更年期の悩む気持ちをイメージさせるさざなみ 加齢臭に対する正しい知識を身につけよう!

更年期の悩む気持ちをイメージさせるさざなみ

更年期と聞くと、どのような症状が思い浮かびますか。
何もないのに無性にイライラしたり、体がのぼせ上がり顔がほてって仕方なかったり、

必要もない不安に襲われたり、食欲不振や睡眠障害、
月経異常に嘔吐や吐き気など様々な辛い症状が思い浮かぶと思います。

更年期とは本当に厄介な症状ばかり起こります。

そんな更年期の症状の中でもあまりよく知られていないのが、「多汗」の症状です。

まず初めに更年期の多汗の症状の原因を探ってみましょう。
更年期の時期に入ると、ホルモンのバランスが乱れます。

女性は通常女性ホルモンの方が男性ホルモンを上回るのですが、
更年期になるとこれが逆転します。

女性ホルモンの働きは重要で、加齢臭の原因を抑制したり、
汗の量を調節する働きがあるのですが、これが逆転して形勢が変わると、

汗の調節ができずに大量に汗をかくようになって、皮脂の量が増えます。
これが加齢臭をきつくする原因になります。

更年期になってから体臭が気になるようになったという方は、
何にもしていないのに異様に汗をかいていませんか??

もしそうなら、この多汗が加齢臭の原因を作っているということです。

けれど更年期の時の体臭の原因はこの「加齢臭」だけではないことも知っておきましょう。
更年期が原因で起こる体臭は主にアンモニア臭です。

これは加齢臭とはまた別の体臭ですので、間違わないようにしてください。

そして、更年期になると人によって「嗅覚過敏」になります。
更年期の症状の一つであり、においに敏感になるという症状です。

これは女性ホルモンが減少したことによって起こっていて、
普段は気にしないような臭いに敏感に反応してしまいます。

急に体臭が強くなったと思うのは、この現象が影響しているのかもしれません。

更年期に起こる多汗の症状は、更年期が終わる頃には段々回復してきます。
つまり一生ものではなく、加齢臭も更年期が終わると治まるので安心してください。

ただ生活が困難な状況に陥ってしまう程酷い症状の場合は、
すぐにでも医療機関に受診することをオススメします。

ほとんどの方が小まめなスキンケアや適度に体を洗って汗を流すこと、
大豆食品を食べることなどで回復しています。

まずは更年期の多汗症状の対策をして、体臭の原因を取り除く努力をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました