加齢臭は遺伝する!?親子で同じ臭いがすると感じたら??

 存在が分からない加齢臭の遺伝子

「最近なんかお母さんと同じニオイがするのよね・・・」

年齢を重ねるとともに気になる加齢臭。

自分も親と同じ臭いがしていたとき、あなたはふと、
周りの人の反応が気になったことありませんか??

たしかに、周りを見回してみると、親子で同じ臭いがする親子
は多いような気もします。

加齢臭は他の病気などのように遺伝するのでしょうか。

調べてみましたが、加齢臭の遺伝子があるかどうかは
まだ医学的に解明されていないようです。

しかし先にも述べた通り、同じ臭いを発している親子は実際に
いると思われます。

これには、いくつかの要因が考えられます。

まず、ホルモンや体内の分泌物などについては親子であれば
遺伝していてもおかしくありません。

ホルモンや体内の分泌物などの作用が加齢臭にも関係するため
加齢臭自体が遺伝しているというよりも、加齢臭になりやすい
体質が遺伝しているということなら十分考えられるでしょう。

さらに、肥満の人は加齢臭が強いということがありますが、
肥満体質というのも遺伝的要素を含んでいます。

肥満が遺伝して加齢臭を発しやすいこともあるでしょう。

さらに、もう1つ考えられるのは生活習慣です。

親子であれば嗜好が似ている事も多いのではないでしょうか。
加齢臭の原因の一つには食生活の偏りがあります。

偏った食生活は、親から子へと引き継がれていく事が多く、
それによって将来的に親と同じ加齢臭がすることもあります。

食生活の偏りだけでなく、運動不足も加齢臭と関係します。
この運動不足も、体を動かす事に積極的でない家庭で育てば、
子供にもその習慣が受け継がれることもあるかもしれません。

そうなると、食生活と同じように加齢臭を引き起こす可能性が
高くなるのではないでしょうか。

はっきりとした遺伝的要因が解明されていなくても、加齢臭の
原因となる食生活や生活習慣が似ていることにより、
親から子へ加齢臭が遺伝すると思うことがあると思います。

自分で気になる臭いを感じたときには、遺伝だから仕方ないと
すぐ諦めるのはやめましょう。

まずは食生活や生活習慣を見直してみることが大切です。

コメントを残す