加齢臭と一緒に気になる口臭対策!えっ!?舌って磨いたらダメなの?

口臭対策で行く歯医者さん 加齢臭以外の体臭にはどんなものがあるの?

口臭対策で行く歯医者さん

加齢臭の主な原因は「脂肪酸が酸化しノネナールという臭い物質を発生させること」ですが、
加齢臭とは、そればかりではなく、主に中年以降に発生しやすい体臭の総称です。
実際のところ、ノネナールだけが加齢臭という嫌な臭いを発症しているわけではありません。

そして、そのノネナール以外に嫌な臭いを発するものの1つに『口臭』があります。

『口臭』って実は気になりませんか??

相手にどう思われてるのか自分でも分からないし、
相手からも正直に言ってもらえないだけに、とても気になりますよね。

そこで、今回はそんな気になる『口臭』について紹介します。

『口臭』の原因ってなんなの?

『口臭』にはいくつか原因がありますが、
その中でも一番の原因は「歯と歯肉の健康状態」があげられます。

 「虫歯」は虫歯菌によって歯に穴が空くことにより、その穴に食べ物のカスなどが残り、
その食べ物のカスをエサに雑菌が繁殖し“プラーク”となることが原因となって臭いを発します。

よく名前を聞くことがある「歯周病(歯槽膿漏)」も、同じように“プラーク”が原因です。

歯と歯ぐきの境目をキレイにしていないと、歯ぐきが炎症で赤く腫れてしまいます。
この炎症がひどくなってくると、歯と歯ぐきの境目が深くなっていくのです。

そこで、口臭予防としてまず大切なのは『歯と歯肉を健康に保つこと』です。
そして、そのために必要なことは、虫歯にならないように『しっかりと歯を磨くこと』です。

そんなことをいうと、あなたからは、

「歯磨きなんて毎日ちゃんとしてますよ」

という声が聞こえてきそうですね。

でも、ポイントは、ただ歯ブラシで磨くだけでなく
『歯と歯の間につまったカスもしっかりと取り除くように歯を磨くこと』です。

そこまで意識して、毎日しっかり歯磨きしてますか??

“歯と歯の間につまったカス”は、歯ブラシだけだとなかなか取りきれないので、
歯間ブラシやデンタルフロスなどを併用するようにします。

また、歯肉炎などの歯周病は、強い口臭の原因となるので、
歯磨きの際には歯ぐきもブラッシングして、歯ぐきと歯の隙間の“プラーク“を
きちんと取り除くようにしましょう。

なお、上記に加えて、歯磨きの際に歯肉炎予防の歯磨き粉を使うこともオススメです。

歯や歯肉以外の『口臭』の原因は「舌苔」?

ただ、歯や歯肉以外にも、舌が原因で口臭が発生することもあります。

舌にある白っぽいものを「舌苔(ぜったい)」と言いますが、
この“舌苔“が多すぎると臭いの原因になるのです。

“舌苔”は、何かしらの病気を患っている時に多くなったり、
口腔内の粘膜が乾燥してくると増えていきます。

そこで、よく歯磨きのついでに舌もゴシゴシこすると良いと聞くと思いますが、
実は難しいことに、舌苔は取り過ぎてしまっても口臭の原因になるのです。

ゴシゴシ擦り過ぎてしまうと粘膜に傷がついてしまうことにより、
唾液が減少して口の中が乾燥することにつながります。

そして、口の中が乾燥すると、さらに舌苔が増加してしまうことになり、
ニオイがキツくなってしまうのです。

実は、舌苔は口の中がしっかり健康なら、
余分な舌苔が唾液で自然に取り除かれていくものです。

そのため、実際に舌苔が多いときは、風邪や睡眠不足、疲れ気味のときなど、
主に体調不良で唾液の分泌が弱いときです。

そのようなことから、舌苔は「体調のバロメーター」とも言われています。
病院で内科を受診すると、お医者さんも舌を見ますよね??

そのような大切な役割もあるため、健康なときには、むやみに舌を磨く必要がないのです。

ただ、1つ注意点があります。
それは、「胃や腸などの内臓疾患がある場合」です。

舌苔がたまり、白や黄色、灰色のような色に変わったときは、
内臓疾患を疑ったほうがいいかもしれません。

さらにいうと、舌苔だけではなく、口の中が健康に保たれているのに、
口臭がキツくなってきたときも同様です。

こういった場合には、病院を受診することがオススメします。

まとめ

上記で述べてきたように、ほとんどの口臭については、
『口腔内環境を清潔に、そして健康に保つこと』で対処することができます。
もう歳だから面倒くさいと諦めるのではなく、できることから対策しましょう。

ぜひ、口臭が気になっている方は参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました