善玉菌を増やすと効果があるのは加齢臭ではなく「疲れ臭」です。

疲れ臭に効果があるビフィズス菌を含んだヨーグルト 加齢臭に対する正しい知識を身につけよう!

 疲れ臭に効果があるビフィズス菌を含むヨーグルト

腸内環境が悪化しているときに発生する可能性があるのは、
加齢臭ではなく、「疲れ臭(疲労臭)」などとも呼ばれるアンモニアの臭いがする体臭です。

加齢臭はあくまでも、ノネナールが原因となって発生する臭いであるため、
本当に加齢臭だけを改善したいのであれば、善玉菌を増やしても効果がないといえます。

ただ、女性にとって「疲れ臭」がすることも、気になるところ。
そのため、今回は腸内環境を整えて、「疲れ臭」を防止することについてご紹介します。

腸内環境が悪くなると、腸内から大量にアンモニアが生成され、
そのアンモニアが結果として汗や皮脂として分泌されてしまいます。

そのため、腸内環境を整えることが「疲れ臭」を軽減させる効果が期待できるのです。

では、具体的に腸内環境を整えるにはどうしたらよいのでしょうか?

腸内には百種類を超える常細菌がいます。
そのうち、ビフィズス菌や乳酸菌などの常在菌は腸内の善玉菌と呼ばれています。

善玉菌は腸内の消化や吸収を助け、免疫力を高める役割をしています。

その一方で、ウェルシュ菌など悪玉菌は、
腸内のたんぱく質を分解し、アンモニアなどの有害な毒素を作り出しています。

普段は、これら善玉・悪玉の菌類がバランスを保ちながら活動をしています。

腸内環境を整えるということは、つまり、善玉菌を増やし悪玉菌を減少させることです。

悪玉菌はたんぱく質や脂質を栄養源にし、それらを腸内で腐敗させることで、
アンモニアを発生させます。

そして、過剰になったアンモニアが血液に取り込まれ、体全体をめぐります。

このアンモニアがきつい「疲れ臭」の元になっているのです。

そのアンモニアの発生を防ぐことに、善玉菌を増やすことが効果を発揮します。

大腸菌などの悪玉菌とは異なり、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、
たんぱく質の腐敗発酵を行わないので、腸内でのアンモニアの生成が抑えます。

その結果として、「疲れ臭」が発生するのを防いでくれるのです。

善玉菌を増やすには、肉中心の食生活を改め、
腸内環境を整えるビフィズス菌や乳酸菌が含まれている食品を摂取するとよいでしょう。

たとえば、ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品に、これらの善玉菌が含まれています。

ただ、乳酸菌は非常に酸に弱く、腸内に届く前に胃酸でほとんどが死滅してしまうため、

ビフィズス菌や乳酸菌が増えるために用いられる栄養源となる、
オリゴ糖と一緒に摂取することが、腸内の善玉菌を増やすことにつながり、おすすめです。

根本となる加齢臭の原因であるノネナールを抑制するわけではないですが、
「疲れ臭」も多くの女性が気にする体臭ですので、よかったら試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました