この酸っぱいニオイの体臭はなに!?疲労臭がする理由と対策

ストレスがなくなったときの気持ちを表す青空 加齢臭以外の体臭にはどんなものがあるの?

ストレスがなくなったときの気持ちを表す青空

あなたは疲れているとき、体臭がきつく感じたことありませんか?
そして「まさか加齢臭?」なんて思いませんでしたか?

疲れているときに発する特有の酸っぱい臭いは、加齢臭と別物。
この臭いのことを一般的に「疲労臭」や「疲れ臭」と呼びます。

疲労臭は、その名のとおり、疲れているときに発生するもので、
最近働く女性に多く見られる症状の一つ。

これは体内に発生したアンモニアが汗と一緒に放出されたものです。

もともとアンモニアは尿素に変換され体外へと排出されるもの。
そして、この変換作業を行っているのが肝臓ですから、
肝臓の機能が低下すると疲労臭が発生しやすくなるのです。

肝臓の機能は過度のストレスや、アルコールの摂取、
無理なダイエットや食べ過ぎなど、食生活の乱れにより低下します。

こうした食生活の乱れが続くと、慢性的に肝臓が疲労してしまい、
本来分解されるはずのアンモニアが体内に残ってしまいます。
そして、残ったアンモニアが毛穴から汗とともに放出されると
酸っぱい臭いの「疲労臭」となって表れるのです。

この、肝臓がアンモニアを分解し尿素に変換する代謝機能のことを
「オルニチンサイクル」と呼びます。

疲労臭を改善するには、まず肝臓の機能を回復させてあげることが必要。

そのためには、しっかりとした睡眠、正しい食生活、ストレス解消など、
肝臓に与えている負担を取り除いてあげることが大切です。

そして肝機能をアップさせるためにオルニチンを摂取すると有効的。

オルニチンを多く含む食べ物というと「しじみ」が有名ですが、
他にもホタテやアサリ、イカなどにも含まれています。
もし肝機能に疲れを感じているなら積極的に摂取するとよいでしょう。

また、女性の場合、オフィスの冷房で体が冷え過ぎたり、冷たい飲み物を
多量に飲んだりすることで、汗をかきにくくなっている人もいます。

実はこれも疲労臭の発生に繋がるのです。

もしあなたが汗をかきにくいと感じているなら、半身浴やサウナ、
ホットヨガなどで汗をかきやすい体にすることが効果的です。

疲労臭を改善するためにも、日頃から疲れをためこまずに、
ストレスを上手に発散するよう心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました