顔の加齢臭はどこから?洗顔するときに気を付けたいこと

加齢臭対策のため洗顔する女性 加齢臭に対する正しい知識を身につけよう!

加齢臭対策のため洗顔する女性

顔の加齢臭はどこから?

身体から加齢臭がするだけでなく、顔からも嫌な臭いがする・・・。
女性では特にそう感じる人が多いようです。

加齢臭は、皮脂が多く分泌される場所で起こりやすいのですが、
実は顔にも皮脂を分泌する皮脂腺が多く集まっている場所があるのです。

それは主に「Tゾーン」と呼ばれる部分に集中しています。

つまり、顔の加齢臭がどこから発生するのかというと、
『Tゾーン』ということになります。

Tゾーンはその名のとおり、
おでこから鼻のライン(これを結ぶとアルファベットのTになる部分)のこと。

あなたはTゾーンの「テカリ」が気になったことありませんか?
これは、皮脂腺が多く存在することで、皮脂の分泌量が他の部分より多いからです。

また、Tゾーンだけではなく、化粧崩れがしやすい場所は
皮脂の分泌量が多い箇所で加齢臭も発生しやすいので、注意が必要です。

顔の加齢臭を対策するなら洗顔がもっとも大切

顔の加齢臭対策として一番大切なことは『洗顔』です。

しかし、皮脂を落としたいからと、
たくさん洗顔すればいいかというと、そういう訳ではありません。
以下に、正しい洗顔の方法を紹介します。

正しい洗顔の方法とは?

1 洗顔剤を塗布する前に

まず、洗顔剤(石鹸でも洗顔フォームでも可)を顔に塗布する前に、
ぬるま湯で一度顔を流します。

これをすることで、毛穴の汚れが落ちやすくなります。

時間があるときは、スチームを当てると、さらに効果的です。
スチームは、お風呂の蒸気でも代用できますので、
お風呂場でまずは毛穴を開いてから洗顔すると良いでしょう。

2 洗顔フォームや石鹸の使用

次に、洗顔フォームや石鹸を使用するときですが、
きめ細かい泡を立てて使用するように心がけてください。

泡が粗いと毛穴に詰まった皮脂が落ちづらく、
また、肌を荒らしてしまう原因にもなります。

洗顔は「泡で包み込むように」することが大切です。
決して指と顔の皮膚が触れないように、たっぷりの泡で洗顔するようにしましょう。

3 洗い流す

最後はしっかりと洗い流します。
ただ、決してゴシゴシと洗わないように注意してください。

また、洗顔料が顔に残っていると、これもまた加齢臭の原因となります。
顔に残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

 4 洗顔が終わったら

顔を拭くタオルは清潔なものを用意し、
水滴をタオルに吸い込ませるように、やさしくタオルオフします。

まとめ

顔は化粧汚れや常に紫外線にさらされている場所なので、
実は加齢臭も発生しやすいのです。

正しい洗顔をすることで、予防改善が可能となりますので、
是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました