加齢臭をサプリメントで対策!おすすめサプリと使用上の注意点

 加齢臭が対策できた爽やかな気持ちを表現する新緑

自分では気づきにくい体臭。

女性でも40歳を過ぎる頃から、個人で程度の差はあれど、
加齢臭が出てくる人が多いと言われています。

こうした加齢臭などの体臭を予防・改善するのに、
サプリメントを利用することも効果的です。

加齢臭の原因は皮脂の中に含まれるヘキサデセン酸が酸化し、
ノネナールという物質が発生することにより起こります。

加齢臭を予防するのに大切なことは、
「過剰な皮脂分泌を抑えること」と「皮脂の酸化を抑えること」です。

本来私たちの体内には抗酸化作用が備わっており、
若いうちは皮脂の酸化を抑えることができるので、
加齢臭のような臭いが発生することはほとんどありません。

しかし年齢を重ねることにより、この抗酸化作用は衰えはじめ、
酸化が起こり、その結果として加齢臭を発生させます。

したがって、抗酸化作用の強いサプリメントを選んで摂取する
ことが、加齢臭の予防にとても効果的です。

では、抗酸化作用の強いサプリメントには何があるかというと、

ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチンやリコピンが有名。

さらに、フラボノイドの一つであるカテキンは、抗酸化作用とともに、
加齢臭の元となる血中コレステロールの調整効果が期待できてオススメ。

カテキンは消臭ガムや消臭スプレーなどにも使われていますので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

余談ですが、カテキンは本当にさまざまな商品に使われており、
サプリメントのほかにも、カテキン入りの石鹸や制汗スプレーなども
あるので、それらを使うことも加齢臭対策には効果的です。

以前コチラの記事でカテキンを多く含む緑茶が加齢臭対策に
効果的であることを紹介しました。よかったら読んでみてくださいね。

さらに、加齢臭の予防・改善に有効的なサプリメントとして、
シャンピニオンがあります。

加齢臭の原因がノネナールであると先に述べましたが、実はノネナールが
単体で存在し加齢臭を発生させることは、ほとんどありません。

口臭などのさまざまな臭いと混ざり合って加齢臭となることが多いのです。

そこで、シャンピニオンは、ノネナール以外の臭いの原因である、
オクテナールやヘキセナールなどの消臭効果が高いと言われているため、
加齢臭の撃退に期待が持てるのです。

ただし、サプリメントを使用するときに1つ注意点があります。

それは、あくまでもサプリメントは、
「普段の食生活で補いきれない栄養素を補うもの」であるということ。

日々の生活習慣や食生活の見直しが何よりも1番大切です。
そのうえで、あくまでも補助的に、サプリメントを摂取するよう心がけましょう。

→ 人気沸騰中!雑誌やTVで特集された強い抗酸化作用のサプリはコチラ

加齢臭を防止する食生活とは?抗酸化作用がポイントです

酸化しにくい油分であり加齢臭防止につながるオリーブオイル

日本人は本来体臭の少ない民族だといわれていることを知っていますか?

日本古来の食生活は低脂肪、高繊維、植物食品を中止としたものでした。
その食生活が体臭を少なくしているといわれています。

しかし最近では、食生活が欧米化がすすみ、
高脂肪、肉や乳製品などを多く摂取するようになってきました。

そのため、日本人の体臭も、変化してきていると考えられています。

加齢臭と食生活には関連性が見られると言われています。

加齢臭の原因である「ノネナール」は、
「脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)」が「過酸化脂質」により、
酸化・分解されて発生します。

つまり、加齢臭を防止するには、
脂肪酸と過酸化脂肪を抑えることが重要になるのです。

上記のことから、
食生活を改善することでできる加齢臭対策は2つあります。

1つ目は脂肪分を多くとらないことです。

普段から脂肪分を多くとっていると、
皮脂から分泌される脂肪酸の量が多くなるためです。

ラード、牛脂、バターといった動物性の脂質は避けるようにしましょう。
これらの食品は皮脂の分泌を盛んにします。

特に、焼肉やこってりとしたラーメンが好きな人は気をつけてくださいね。

2つ目は脂肪を酸化させない働き(抗酸化作用)がある成分を摂取することです。

皮脂が酸化することによって、加齢臭は発生します。
さらに、過酸化脂質は体内に活性酸素が多くなると増加する傾向にあるためです。

体が「酸化」することは、活性酸素によって体がダメージを受けるようなもの。

鉄が空気にふれ酸化するとサビになりますよね。
そのサビることと同じようなことが私たちの体の中でも起こっているのです。

抗酸化力のあるビタミンCやEは緑黄色野菜や果物に多く含まれています。
ビタミンCやEには高い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する役割もしてくれます。

さらに、魚の油や、オリーブオイルは酸化しにくい油分であるため、オススメです。

もし、食品から摂取することが難しい場合には、
手軽に摂取できる話題のスムージーなどで摂取するのもいいでしょう。

⇒ るんるん美人のアサイースムージー

また、活性酸素を除去するだけではなく、活性酸素を過度に発生させないことも大切です。
なかでも、アルコールは活性酸素を発生させるので、過度な飲酒は控えることが望ましいです。

食生活をもう一度見直し、加齢臭を防止することは美容や健康にも効果があります。
ぜひ、試してみてくださいね。

加齢臭の消臭にはりんご酢が効果的?簡単レシピも紹介

加齢臭の臭い消しに効果があるりんごを持つ女性
加齢臭は周りの人にも不快感を与えてしまいますよね。
毎日お風呂にはいって清潔にしているつもりでも、加齢臭は出てきてしまうものです。

その不快な臭いの消臭に、りんごとお酢が効果的だと知っていましたか?

実は、りんごには消臭作用があるといわれており、お酢には抗酸化作用があります。

加齢臭は、皮脂から分泌された脂質が酸化することによって発生するため、
消臭効果のあるりんごと、抗酸化作用や殺菌作用を持つお酢を組み合わせたりんご酢は、
加齢臭にとても効果的なのです。

また、りんごとお酢のダブルパワーは、加齢臭の消臭効果が望めるだけではなく、
血糖値を下げる作用や血液をサラサラにしてくれる作用もあります。

加齢臭が発生しやすい中高年には、
りんご酢の効能はまさに理想的な組み合わせと言えるでしょう。

りんご酢は市販されているので、スーパーマーケットでも手にはいりますが、
自分で簡単に作れますので、ぜひ作ってみることをオススメします。

ここでは、いろいろな作り方があると思いますが、比較的簡単な作り方を紹介します。

必要なものは、りんご1個、お好みのお酢500ml、広い口のビンです。

(りんご酢の作り方)

 1 りんごを四等分に切り、種を取り出します。

 2 切ったりんごの水気をキッチンペーパーなどでとり、ビンの中に入れ、一緒にお酢も入れます。

 3 日が当たらない涼しい場所で、約3週間から1か月ほど保管します。

 4 りんごが茶色く変色したら、出来上がりの合図です。

どうですか?簡単にできそうですよね??

りんご酢の特徴はなんと言ってもやはり「味」です。

お酢独特の酸味はもちろんありますが、
りんごのいい香りと、フルーツのようなさっぱりとした味でとても飲みやすくなります。

りんご酢をそのまま飲むには抵抗がある方は、
冷たい水やソーダなどで割るのも美味しく、とてもオススメです。

また、りんご酢は飲むだけでなく、料理にも利用できます。
ドレッシングなどに最適です。

なお、りんご酢にはカリウムが含まれているので、
塩分などを排出する効果があり、高血圧の予防にもなるほか、

りんごには整腸作用があるので、
加齢臭を悪化させる理由の1つでもある、便秘の解消にも効果的です。

このように、りんご酢は加齢臭を予防するだけでなく、
さまざまな効能が期待できます。

よかったら、毎日の生活に取り入れてみませんか?

ハーブティーは好きですか?ルイボスティーで加齢臭対策

ルイボスティーを飲む女性

加齢臭の臭いの正体はノネナールという物質です。
そのノネナールはどのようにして作られるのでしょうか??

ノネナールは、毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂に含まれる、
“9-ヘキサデセン酸”が過酸化脂質により酸化・分解され発生します。

実は“9-ヘキサデセン酸”も過酸化脂質も、酸化する前は悪臭を発するわけではありません。

体内で脂質が活性酸素により酸化して過酸化脂質になり、
皮脂腺で“9-ヘキサデセン酸”と過酸化脂質が混ざり合い酸化するという段階を経て、
ノネナールに変化します。

つまり、活性酸素が原因となって、加齢臭のノネナールが生成され、
この生成されたノネナールという物質が加齢臭の悪臭の原因になるという訳です。

だからこそ、この活性酸素を抑えることが加齢臭を抑えることにつながります。

私たちの体内ではこの活性酸素を中和するために抗酸化物質が作られ、
活性酸素を押さえる働きをしています。

加齢臭は、歳を重ねることで抗酸化物質を作る機能が衰えることにより発生するため、

抗酸化作用が高い成分である、ビタミンCやビタミンEを含む食べ物など、
抗酸化物質を積極的に摂取することは加齢臭対策にとても有効です。

なかでも、ハーブティーは気軽に摂取することができるのでオススメです。
代表的なものとしては、ルイボスティー。

アフリカの原住民達が不老長寿の飲み物として飲んでいたルイボスティーですが、
その抗酸化作用が長寿の秘訣と言われ、長い間研究されてきました。

その結果、「SOD酵素」と呼ばれる物質が、
体内の活性酸素を除去する働きがあることが分かりました。

「SOD酵素」とは、人間の体内にもともと存在しており、
サビつきの原因となる活性酸素を抑制する酵素です。

SODとは、スーパー・オキサイド・ディスムスターゼ(super oxide dismutase)の
頭文字を取った名称で、直訳すると『活性酸素を除去する酵素』という意味になります。

すなわち、「SOD酵素」は数ある酵素の中でも、
活性酸素を除去するパワーを持った特別な酵素なのです。

ルイボスティーは「奇跡のお茶」とも言われ、
「美容」「健康」「体質改善」のため、ルイボスティーを飲んでいる人は本当に多いです。

また、ほかのハーブティーでオススメなのは「飲む香水」ともいわれるローズヒップティー。
なんとビタミンCがレモンの20倍もあるため、加齢臭防止に高い効果が期待できます。

ハーブティーなら気軽に摂取することができるので、
もしよかったら試してみてくださいね。

運動不足による加齢臭を防ごう!女性におすすめの運動

加齢臭防止につながる軽い有酸素運動としておすすめのジョギングをしている画像

加齢臭と運動不足の関係

日頃から適度な有酸素運動を心がけているAさんといつも空調が効いた部屋で過ごし運動不足のBさん、この2人の汗がちがうことを知っていますか??

Aさんは「水のようにサラサラしたあまり臭わない汗」
B
さんは「ベタベタした汗臭さの強い汗」

という風に、2人は同じ汗でも、ちがう汗をかきます。

なぜ、このようにちがう汗をかくのかというと、実は『活性酸素』と『新陳代謝の衰え』に原因があります。

活性酸素とは?運動不足で加齢臭が発生する理由

『活性酸素』とは、周りのものを「酸化」させてしまう性質がある酸素のこと。

『活性酸素』は呼吸で取り入れる酸素の一部から作られ、普段は体内で細菌やウィルスを撃退する役割を担っていますが、必要以上に増えすぎると、本来必要な細胞や遺伝子を酸化させてしまいます。

通常、私たちには抗酸化酵素をつくり、活性酸素から体を守るというしくみがあります。

しかし、運動不足になると、この『活性酸素』が体の中に溜まってしまうため、酸化が進んで加齢臭が発生する原因になってしまうのです。

『活性酸素』の発生を抑え加齢臭を防ぐためにおすすめの運動

『活性酸素』の発生を抑えるための運動と一言でいっても、どんな運動でもいいという訳ではありません。

実は、激しい運動は呼吸量が増えることにより、活性酸素をかえって増やしてしまうことにつながり、その結果、加齢臭が発生することになってしまいます。

そのため、ウォーキングや水中歩行、軽いジョギングなど、加齢臭を防ぐおすすめの運動は長い時間じっくりと軽く汗をかきながら行う有酸素運動。

最近では、仕事帰りにゴルフスクールに通う女性も多く、女性が仕事帰りの服装でそのまま行くことができる初心者専用のゴルフスクールなども増えてきているそうです。

もし、生活の中に運動の時間を設けることが難しいときには、通勤時に、いつもの1駅手前で降りて歩くなど、うまく生活に取り入れていくことが長く続けていくコツです。

新陳代謝の衰えを改善するには?

上記のBさんが汗臭さの強い汗をかくのは、血行が悪く「新陳代謝が衰えている」ことも大きな原因です。

血行が悪くなり新陳代謝が衰えると疲労物質である『乳酸』が大量にできます。

この『乳酸』が増えることは、汗腺へのアンモニアの分泌が増えることにつながり、汗臭さを強くするのです。

では、新陳代謝を改善する方法ですが、『活性酸素』を防ぐためにおすすめした軽めの有酸素運動に加えて、
お風呂やサウナ、岩盤浴などでじっくり汗をかくことや、根菜類、生姜など、身体を温める効果がある食べものを摂取することもとても効果的です。

なお、血行を良くして新陳代謝の衰えを改善することは、免疫力や睡眠の質の向上、身体の若返り効果、冷え性の改善など、美容と健康において、さまざまなことに効果があります。

加齢臭以外に、冷え性や風邪を引きやすいなどに悩まれているなら、血行を良くするところから、始めてみてはいかがでしょうか。

 運動不足解消にオススメのゴルフスクール

いま女性に人気の初心者専用ゴルフスクール「サンクチュアリゴルフ」 手ぶらで気軽に行けて、今なら初月0円キャンペーン中♪

テレビでも紹介された加齢臭を消す食べ物とは??

緑黄色野菜をメインに野菜中心の食生活をイメージした画像

加齢臭を食べ物で防ぐには?

加齢臭を体の内側から防止する対策として、
『食生活の見直し』が大切であることを以前コチラでお話しましたね。

加齢臭が発生する原因の1つとして、
肉や乳製品など、酸化すると加齢臭の原因となる動物性脂肪が多い食生活があります。

日本人の食生活が欧米化する前、和食が主流であったころ、
日本人はあまり体臭が気にならなかったという話を知っていますか?

また、動物性脂肪もさることながら、
必要以上にカロリーを摂取することは、肌の老化につながります。

「体型」を維持するには運動、「肌」を維持するには食生活の改善が不可欠です。

たくさんの種類の野菜を毎日摂取して野菜中心の食事をすること、
そして、必要以上にカロリーを摂取しないこと、を心がけるようにしましょう。

テレビにも出た加齢臭を消す食べ物

1年ほど前だったでしょうか。

あるテレビ番組で加齢臭を消す食事として、
「せいだのたまじ」という山梨県の郷土料理が紹介されたことがありました。 

「せいだのたまじ」と聞いただけではどのような料理か見当がつきませんが、

『せいだ』というのは『じゃがいも』のこと、
そして、『たまじ』というのは『小粒のじゃがいも』のことを指します。

つまり、「せいだのたまじ」とは、

収穫時に残った小粒のじゃがいもを無駄にしないために、
地元の人たちが美味しい調理方法を考えてできた、 

『小粒のじゃがいもを味噌で煮た料理』のことでした。

では、なぜこの料理が加齢臭を消す食事なのかというと、

「せいだのたまじ」に含まれる、
じゃがいもや味噌のビタミンC・イソフラボン・ビタミンEといった成分には、

酸化を抑える作用(抗酸化作用)があるからです。

加齢臭は皮脂の酸化が原因で起こるため、

加齢臭を食べ物で防ぐときには、
抗酸化作用があるものを積極的に摂取するように考えることがとても大切です。

お茶や大豆に含まれる「ポリフェノール」
緑黄色野菜に含まれる「カロテノイド」
ごまに含まれる「ゴマナグリン」

など、身近なものでも、上手にメニューに取り入れるようにすることで、
十分摂取することができる食べ物が多くあります。

なお、コエンザイムQ10やアスタキサンチンなど、
抗酸化作用がある成分の中で、通常の食事で摂取することが難しい成分については、
サプリメントで摂取するのが効率的です。

⇒【公式】マキベリスタ~口コミ人気NO.1マキベリーサプリメント通販~

食生活の改善については、すぐに効果を実感できるものではなく、
効果が表れてくるまでに、ある程度の時間を要します。

ただ、諦めずに続けることによって、肌年齢の老化防止など、
加齢臭の防止だけに留まらずカラダ全体が美しくなっていくことを実感できます。

諦めずに長期的な視点で考え、
できるところからでも、少しずつ改善してみませんか?? 

運動しているのに加齢臭!?女性に必要な2つの対策

美しくいるためにヨガをする女性
運動しているのに加齢臭ってするの?という疑問をよく耳にします。

女性の加齢臭防止には、新陳代謝を良くすることが大切です。
毎朝の軽いジョギングやウォーキングなど、適度な運動は効果的。

ただ、正直にいうと、運動だけでは加齢臭を防止することはできません。

女性の加齢臭対策は、
「体の中から防止する対策」と「体の外から防止する対策」があり、
2つの対策を同時に行っていくことが必要です。

 具体的に、
「体の中から防止する対策」とは「食生活など生活習慣の見直し」と「運動」、
「体の外から防止する対策」とは「体を常に清潔に保つこと」を指します。

そして、「体の中から防止する対策」は効果を実感するまでに長い時間が掛かりますが、
「体の外から防止する対策」はすぐに効果が実感できるものです。

ただ、「体の中から防止する対策」は効果を実感するまでに長い時間が掛かるといっても、

加齢臭が強くなる食生活は、生活習慣病に通ずるものがあるため、
食生活を見直すことが、生活習慣病の防止につながるほか、

運動で新陳代謝が促進することは、冷え性や血行の改善につながるなど、
美容と健康に大きなメリットをもたらします。

また、「体の外から防止する対策」は「体を常に清潔に保つこと」ですが、

加齢臭に悩んでいる方の話をよく聞いてみると、

冬場は汗をかかないという理由で入浴回数が極端に減っていたり、
入浴時にカラダの汚れが溜まりやすい部分を面倒だという理由で丁寧に洗わなかったり、

若いうちは当然のようにしていたスキンケアが、
面倒だという理由で、極端におろそかになっていることが大きな原因だったりします。

確かに加齢臭はその名のとおり、
加齢に伴い体の機能が低下することで発生するものです。

しかし、歳を重ねることで加齢臭が発生することを理解し、
できることからでも、対策をしていくことで十分防止することができるものです。

どうせ、おばさんなんだし・・・と諦める前に、

まずは、加齢臭と自分のカラダのことをよく知り、
できることから、少しずつ一緒に対策をしていきませんか??