加齢臭対策にスプレーのヌーラってどうなの?効果や口コミは?

洗濯もの?

加齢臭対策のアイテムとして、
多くのTVや雑誌で注目されている、デオドラントスプレー「ヌーラ」。
この「ヌーラ」については、以前コチラの記事でも紹介しました。

その効果はどうなのでしょうか?

今回はもう少し、この「ヌーラ」について詳しくご紹介したいと思います。

一般的に販売されているデオドラントスプレーなどの商品は、
臭いの元を消し去るのではなく、『他の臭いを加える』ことで、
臭いを誤魔化すタイプのものがほとんど。

しかし、実際のところ、それでは本当に臭いを解消したことにはなりません。

「ヌーラ」は皮膚に吹き付けて使用するのではなく、
『洋服にあらかじめ吹き付けておくことで、臭い自体を消し去ることができる』商品です。

「ヌーラ」に含まれる液状イオン交換体というものが臭いの成分と出会う事で
イオン化結合し、瞬時に臭わない分子構造へと変換し、臭いの元を消し去ります。

加齢臭の対策として、皮膚を清潔に保つことなどに気を使っている人は多いと思います。

しかし、汗を吸い込む衣類からニオイが出やすいのに、
衣類に対する対策はあまりしていないという人が意外と多いのが現状です。

この「ヌーラ」は、その多くの人があまり対策をしていない、
『衣類の臭いを消し去る』というところに重点がおかれています。

下着など、直接肌に触れて汗を吸い込みやすい衣類でも、
しっとりするくらいに「ヌーラ」を吹き付けておけば、
一日中臭いの元に反応し、デオドラント効果を発揮してくれます。

使用している人のレビューも非常に多く、
・夫の枕にスプレーしたら、臭いがほとんど消えました
・旦那のタバコ臭、足の臭い、汗の臭いが全て一発消臭できたので驚きました
・スーツに染み込んだ嫌な臭いを見事に消し去ります
・衣類についた臭いが本当に消えます、画期的です
など、多くの方が「ヌーラ」の消臭効果を実感しています。

使用してみた人の使用方法からもわかるように衣類に使用するだけでなく、
たとえば、枕や敷き布団など、臭いが染みついてなかなか取れないものや、
部屋のカーテンなどの消臭に使えるという点もいいですよね。

夏場の汗をかきやすい季節のスーツやおしゃれ着など、
毎日クリーニングするわけにもいかない衣類の消臭対策としても
とても重宝する商品なのではないでしょうか。

これだけ効果の高い「ヌーラ」。

ただ、1つ購入を迷うのが、多くの方がレビューに書かれている、
「もう少しコスパが低ければ・・・」というポイント。

正直、お値段がやや高めなのです。

気になる価格はというと、
スタンダードなスプレー1本(210ml)で1,800円(税抜き・送料抜き)。

ちなみに、公式サイトで効果的なスプレーのコツとして紹介されているように、
全体にしっとりするくらいを目安にスプレーすると、大体1日効果が持ちます。

ただ、その価格だけをみると高く感じるのですが、2012年に開発された
新しいスプレーノズルだと、約1100回のスプレーができるようになりました。

スプレーをどういったものに使うかによっても異なりますが、
標準的な衣類だと、大体10〜20回のスプレーで効果が実感できます。

1日20回スプレーするとしたら、
1本のスプレーで約55日分一日あたり32円です。
以前のスプレーノズルでは、約280回のスプレーだったので、
それを考えると、大分おトクになりましたよね。

また、2回目以降は「お買得詰替パック」を購入するようにすると断然おトクです。

お買得詰替パックは、1000mlで4,743円(税抜き・送料抜き)ですので、
先ほどと同様に1日20回スプレーするとしたら、約3900回のスプレーができます。
1日20回のスプレーで計算すると、詰替パック1つで約195日分一日あたり24円です。

ただ、そうはいってもコレばっかりは使ってみないと何ともいえないですよね。

今なら、公式サイトから初めて購入すると、消臭実験セットがついてきます。
ポイントは、この消臭実験セットで効果が実感できないときは、商品到着後7日以内なら、
商品代金を全額返金してくれる満足保証がついているということ。

コレなら、どのくらい使えるのかとか、どのくらい効果が持続するのかなど、
試してみてから購入できるので、安心ですよね。

「ヌーラ」は加齢臭だけじゃなく、ワキ臭などほかの体臭やタバコのニオイなど、
いろいろな気になるニオイにも効果を発揮してくれるので、とても便利です。

もし興味があれば、試してみてください。

→ 「ヌーラ」の公式サイトはこちらから

これならスグできる!100円ショップを活用して加齢臭対策する方法

加齢臭に効果が高いからといっても、
値段の高い石けんや洗剤などを使い続けるのは大変ですよね。

そこで、100円ショップで手軽に買うことができて
加齢臭対策に効果があるものを調べてみましたので、ご紹介します。

衣類、寝具など洗濯編

100円ショップで支払う108円

100円ショップで売っている「重曹」を使って洗濯することで、
気になる臭いを取る事ができます。

重曹洗剤の作り方は簡単で、
重曹(1/2カップ)液体洗剤(1/4カップ)をボウルに入れ、
ペースト状になるまでゴムベラで良く混ぜるだけ。

混ぜ合わせた重曹洗剤の効果的な使い方は、
シャツの襟や袖口など臭いの浸み込みやすい部分に塗って、
10分程おいたあと、普通に洗濯すること。

たったこれだけのことで、臭いや汚れが綺麗に落ちます。

また、枕カバーなどの寝具を洗うときには、
ぬるま湯をはった桶に重曹洗剤をタップリと入れ、その中に枕カバーを浸けて10分。

その後、そのお湯ごと洗濯機に入れて洗濯すると効果的です。

加齢臭予防 身体編

ミョウバン風呂に入る女性

ミョウバン

購入するものは「ミョウバン」です。
実はこの「ミョウバン」、薬局やスーパーで100円以下で手に入ります。

この「ミョウバン」をどうするかというと、
『ミョウバン水』を作るのです。

『ミョウバン水』の作り方は、とても簡単。
500mlの水に対して15〜20gのミョウバンを溶かすだけです。

最初、液体は白く濁った状態ですが、
時間が経って「ミョウバン」が完全に溶けると透明になります。
透明になるまでには、大体1〜2日程度です。

この『ミョウバン水』を原液として、
別容器に10〜20倍に希釈したものを入れて使用します。

100均にスプレーボトルが売っていますので、それを活用すると便利です。

10倍に希釈した『ミョウバン水』の使い方は、
脇や首元などにスプレーするだけ。

これで、臭いの発生を抑えてくれます。

また、ミョウバン水の原液50CC程をお風呂に入れると
『ミョウバン風呂』の出来上がりですが、
この『ミョウバン風呂』に入ることも加齢臭特有のアンモニア臭を
かなり軽減する効果があるので、オススメです。

また、「ミョウバン」には消臭効果のほかに、収斂(しゅうれん)作用があります。

収斂作用とは、毛穴をキュッと引き締めてくれる作用のこと。
汗を抑えることができますので、加齢臭対策にとても効果的です。

泡立てネット

カラダを洗うときに、たっぷりの泡で洗うことが、
皮脂の過剰分泌を抑えることにつながるため、加齢臭対策に効果的なのですが、
ここで、100円ショップに売られている「泡立てネット」が役立ちます。

泡立てネットを使うと、手軽に、たっぷりと、きめ細かい泡を立てることができるので、
お肌を優しく洗うことにもつながり、効果的です。

今回ご紹介したのは3点だけですが、
ほかにも100円ショップの中を見てみると、加齢臭対策に使えるグッズが色々あります。

是非上手に利用して、おトクに加齢臭対策しちゃいましょう。

頭皮の加齢臭にノンシリコンシャンプーは効果的ってホント??

加齢臭対策になるノンシリコンシャンプーで髪を洗う女性

最近しっかりシャンプーをしていても、頭皮の臭いが気になることありませんか??

もしかするとそれは加齢臭かもしれません。

加齢臭と聞くと男性に多いというイメージが強いかもしれませんが、実は女性でも加齢臭は起こるものなのです。

特に頭皮は加齢臭の元となる皮脂が多く、加齢臭が発生しやすい場所。

この皮脂を除去し、頭皮の加齢臭を防ぐのに有効的なのが「シャンプー」と言われているのですが、最近では頭皮や髪に優しい「ノンシリコンシャンプー」が流行しています。

シリコン入りのシャンプーは洗浄力が強く、髪や頭皮に必要な保湿成分まで奪って頭皮を乾燥させてしまうため、身体が潤いを与えようと、皮脂をいつもよりも多く分泌させることとなり、結果として加齢臭が発生しやすくなってしまいます。

一方、ノンシリコンシャンプーは、通常のシャンプーの倍以上の時間をかけ、シャンプー用のブラシなどで丁寧に毛穴の洗浄をしなければなりませんが、頭皮や髪に必要な成分を取り除くことがないので、加齢臭の予防には有効だということです。

ただ、上記のポイントは、シリコンだからとかノンシリコンだからという点ではなく、「洗浄力」の強さです。

「シリコン」と聞くと、とても悪いものとイメージしがちですが、最近は、シリコンにもノンシリコンにも、それぞれ良い点と悪い点があるため、両者を髪質に合わせて使い分けることが良いとされており、ノンシリコンだからシリコン入りのシャンプーよりも加齢臭に効果的だということはありません。

もし、加齢臭への効果を考えてシャンプーを選ぶのであれば、正しくは、シリコンが入っているのかどうかという視点でシャンプーを選ぶのではなく、洗浄力が強すぎる成分を含んでいない、オーガニックシャンプーを選ぶようにするなどした方が効果的です。

よく洗浄力が強い成分といわれるものには、たとえば高級アルコール系という種類の界面活性剤などの添加物があります。

高級アルコールは比較的安価であるため、市販のシャンプーに多く使用されているものですが、簡単な見分け方には、成分に「硫酸」と含まれているもの(ex. ラウリル硫酸Na、ラウレル硫酸Na)がないかどうか成分表を見るという方法があります。

シャンプーを購入される際には、ぜひ参考にしてみてください。

オーガニック認定原料が頭皮の嫌な臭いにアプローチ!エイジングケア専用シャンプー

加齢臭に効くツボってあるの?今すぐにでも押したい3つのツボ

 

加齢臭対策に足ツボマッサージを受ける女性

普段からツボを押して体調を整えたり、
病気の予防改善に役立てたりされる方も多いと思います。

実はツボを押すことにより、気になる加齢臭を抑える事もできます。

そもそも加齢臭の原因とは何でしょうか。

原因はいくつかあると言われていますが、
一般的に知られているのは、皮脂の酸化によって起こるというもの。

これ以外にも、例えば内臓機能の衰えや、
新陳代謝の衰えが原因となることも多いのです。

そのため、こうした原因を解消することのできるツボを刺激することにより、
加齢臭を抑えることができるのです。

まずは皮脂の過剰分泌を抑えるためのツボです。

『聴会(ちょうえ)』という耳珠の前下方(耳の穴の顔側)にあるツボで、
口を開くとちょうど窪む部分にあります。

朝晩のお肌のお手入れ時やテレビを観ながらなど、
気が付いた時に指で軽く刺激をするといいでしょう。

聴会には、皮脂の過剰分泌を抑えるだけではなく、
肌の水分バランスを整える作用もあることから、

加齢臭の原因を抑えると同時に美肌にも効果があると言われています。

次に『中脘(ちゅうかん)』といわれる、
みぞおちとお臍のちょうど真ん中あたりにあるツボ。

腹式呼吸を意識して、息をゆっくり吐きながら押すのが効果的です。

中脘は、内臓機能を整える効果があると言われていますが、
それだけではなく、皮脂の分泌をコントロールしてくれる胃腸を整えたり、
胃腸疾患にも効果的なツボです。

そして、『湧泉(ゆうせん)』という足裏の真ん中、
人差し指と中指の真下あたりにある窪んだ部分にあるツボ。

お風呂上りなど、足裏の皮膚が柔らかい時に、
痛気持ちいいと感じるくらいに押すのが効果的です。

湧泉は、全身のバランスや血行を整え新陳代謝をアップさせる効果があります。

新陳代謝のアップは、体内の加齢臭の原因にもなる、
余計な老廃物を溜めこまないようにする効果もあります。

最後に、日常生活の中で気が付いた時にすぐ押すことができる
『合谷(ごうこく)』のツボもオススメです。

合谷は手の甲の親指と人差し指の付け根部分、
押すと痛いと感じる部分にあるツボです。

様々な症状に効果を発揮するツボですので、
普段から意識して刺激してみてはいかがでしょうか。

ツボを刺激することは、体調不良の改善や、健康増進、
そしてアンチエイジングにも効果的です。

それらは加齢臭の抑制と同時に美容にも繋がりますので、
女性なら是非毎日の中にツボ押しを取りいれてみたいものですね。

加齢臭対策に香水を使うのはNG?おすすめの香りの選び方

うまく使えば加齢臭を誤魔化すことができる香水

中高年になってくると段々と身体に問題が出てきます。

お肌の老化が進んだり、同じように生活していても太りやすくなったり、
髪の薄毛が気になりだしたり・・・と、様々なことに悩んでしまいます。

女性にとって深い悩みが増えてくるのが中高年の頃です。

そして、中高年の悩みの中で意外に多いのが加齢臭です。
もしかして加齢臭は男性特有のもの、なんて思っていませんか?

確かに加齢臭といえば男性を思い浮かべる人は少なくないはずです。
でも加齢臭は別に男性だけが持っている、悩みではありません。

女性の中にも加齢臭で悩んでいる人はたくさんいます。

そして、この加齢臭をどうにかしようと思って、
間違った対策を行っている人が結構います。

そんな方のために、今回は中高年の女性にありがちな、
間違った加齢臭の対策方法をご紹介します。

まず初めにお答えしますが、加齢臭は香水を使って誤魔化すことはできます。

臭いの種類によってはうまく隠せるので、
加齢臭対策に香水を使うのは決して間違いではないのです。

ただ、このときに注意するべきなのは「香水の原料」です。

香水の中には加齢臭と相性の悪いものがありまして、

もしそれを選ぶと加齢臭の嫌な臭いを隠すどころか、
混ざり合ってさらに臭いを強調させてしまいます。

香水選びはすごく重要ですので、気をつけて選ぶようにしなければいけません。

香水の原料によく使われるものに「ムスク」や「白檀」の香りがあります。

これは、加齢臭の原因であるノネナールの臭いをより強調してしまう、
相性の悪い香りで、加齢臭をさらに不快な臭いに変えてしまいます。

必ずこの原料が含まれていない香水を選ぶようにしてください。

香水を選ぶときには、
加齢臭の臭いと相性が良いものをよく探して選ぶことをオススメします。

自分の臭いは自分では麻痺して分からないこともあるので、

購入する前に実際に香水を身につけて、
家族の誰かにでも一旦嗅いで確めてもらってから購入すると安心です。

ここで注意しておきますが、

香水の働きはあくまでも『加齢臭を誤魔化すこと』のみです。

香水では臭いを元から断つことはできず、その場しのぎの対策です。
加齢臭の臭いを根本から対策したいのなら、別の方法を考えましょう。

女性の加齢臭の原因を徹底調査!胸の臭い対策とは??

加齢臭対策に効果的な朝シャワー

年齢を重ねて、加齢臭が気になってきたと悩んでいるあなた。

体中から発しているように感じる加齢臭が、
一体どこから臭っているのか気になりませんか??

実はこの加齢臭は「皮脂腺」から出ています。

皮脂腺とは汗や皮脂が分泌される場所です。
皮脂に含まれた不飽和脂肪酸9−ヘキサデセン酸が酸化して、「ノネナール」という物質になります。

これこそが、加齢臭の臭いの犯人です。

そして、皮脂腺が集中している体の部位こそが、
加齢臭を発しやすく、そして臭いが出やすい場所です。

主に皮脂腺が集中しているのは、
「頭部」「耳の後ろ」「おでこ」「鼻」「ワキの下」「背中」「胸」など。

そのため、この辺りを丁寧にケアするように心がけると良いでしょう。

あまりゴシゴシ擦るのは肌のバリア機能を損なうため良くありませんが、
この皮脂はお湯で洗い流すだけでも流れ落ちます。

不飽和脂肪酸9−ヘキサデセン酸が、
加齢臭の原因であるノネナールという物質に変わってしまうのは、

雑菌が繁殖し、脂肪が酸化してしまうからです。

雑菌は汗をエサとして、深夜寝ている間にたくさん増殖します。
つまり、寝ている間の汗や雑菌も加齢臭には要注意なのです。

そのため、加齢臭が気になるのなら、朝シャワーを浴びることがオススメです。

朝シャンをして出勤することにより、
何もしないで出勤するのと比べると、加齢臭の臭いの強さが薄まります。

それから、外出時にタオルやウェットティッシュを用意しておき、
適度に汗を拭くのも加齢臭対策になります。

加齢臭対策は、とにかく清潔にしておくことが大切です。

ただ、ここで問題がありますよね。

他の部分は良くても、「胸」というのは外出先で拭くのが難しい場所です。
しかも、洋服を着込んでいるため蒸れやすく、汗をかきやすい部分でもあります。

そのため、「胸」が加齢臭対策が最も難しい場所と言えるのではないでしょうか。

そこで、胸の加齢臭を防ぐためにおすすめなのが「汗取りパッド」です。

「汗取りパッド」を使うことで、しっかり汗を吸収することができるため、
胸から臭う加齢臭を抑制するのに効果的です。

とっても便利なアイテムですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

緑茶で今すぐ加齢臭対策!なかでも効果があるのは○○茶

加齢臭に効果がある緑茶

加齢臭の原因は、過酸化脂質と脂肪酸が反応を起こすことで発生する、
「ノネナール」である物質といわれています。

この「過酸化脂質」という物質ですが、体内で酸化反応が引き起こされることで発生します。
つまり、活性酸素の働きで、皮脂が酸化した状態です。これが、加齢臭の元となります。

そこで、日本人にとって、とても身近な存在である緑茶には、
その身近な飲み物が実はさまざまな場面で加齢臭対策に役立つ存在だと知っていましたか?

緑茶には体によい成分がたくさん含まれています。
その中でも、酸化を抑え、加齢臭対策に活躍するのが「カテキン」です。

カテキンは、植物の苦み成分であるポリフェノールの一種です。

緑茶に含まれるカテキンは、いくつかのタイプに分けられますが、
その中でも注目したいのが「ガレート型カテキン」です。

加齢臭の元となる過酸化脂質という物質は、
脂質が酸素と結びつき、変化することで発生することは前述のとおりですが、

この「ガレート型カテキン」は、脂質が酸素と結びつくのを抑制する作用が強いため、
加齢臭対策に活躍してくれるのです。

さらに、「ガレート型カテキン」はコレステロールの吸収を抑制する働きもあるなど、
さまざまな美容効果が期待できるので、おすすめです。

じゃあ、さっそくだから、今すぐ緑茶を飲もう♪♪・・・となるところですが、
どんな緑茶でも加齢臭対策に効果があるかというと、そうではないんです(泣)

緑茶には、さまざまな種類がありますよ。
普段飲むときでさえも、どの緑茶を選んだらいいか迷ってしまいます。

そんな中で、加齢臭対策にもっとも効果的なのは、
実は、価格が安く、渋み成分の強いお茶として知られる秋冬番茶(四番茶)です。

玉露や煎茶などの高価で味の良いお茶は、
カテキンに分解される前のうま味を出す成分のテアニンが多く含まれているため、

加齢臭対策には向いていないのです。

そのため、加齢臭対策として緑茶を飲むときには、カテキンも多く含まれている、
秋冬番茶(四番茶)を飲むようにしましょう。

さらに、緑茶は消臭スプレーとしても利用できます。

活性炭を臭い消しとして使っている方も多いと思いますが、

カテキンもまた、分子の表面に存在する無数の孔がニオイ分子を吸着するため、
活性炭と同様に、臭いを消す効果があるのです。

日本人なら当たり前のように飲んでいる緑茶ですが、
加齢臭対策を含めたさまざまな健康効果が期待できます。

のどが渇いたとき、ほっと一息つくときには、ぜひ緑茶を選んでみてください。

 

耳の後ろは清潔にしよう!枕の加齢臭が気になるあなたに

 耳の後ろの加齢臭が移って臭いが気になる枕

自分から加齢臭が出ているかどうかを確める場合に利用するのが耳タブです。

まず手を洗って耳たぶの付け根を強く擦ります。
そしてそのまま鼻に近づけて擦った指をにおってみてください。

どうでしょうか??

この時に指からチーズやロウソクや古本の臭いを感じたら、
おそらくあなたは加齢臭を発しています。

これが有名な加齢臭の確かめ方です。

このことから、分かるように耳の後ろはちょっと調べると有名なくらい、
強烈な加齢臭の臭いを発しやすい場所です。

加齢臭で困っている人の中には枕がなんだか臭いという方はいませんか?
これは耳の後ろから加齢臭が出ているせいです。

このせいで、枕にも臭いが移ってしまってこのように悪臭がしてしまうのです。

耳の後ろというのは皮脂腺が多い場所であり、皮脂の分泌が多いです。
皮脂の分泌が多いということは、加齢臭が発生しやすい場所です。

それにお風呂に入る時や顔を洗う時に、
耳の後ろまでキレイに洗う人はどのくらいいるでしょうか?

・・・おそらく少ないのではないかと思います。

このように加齢臭が起こりやすい状況が積み重なった結果、
耳の後ろは最も加齢臭を発しやすい場所として認識されています。

このような場所は、日頃からきちんと清潔にするよう心がけ、
加齢臭が出ないようにすることが大切です。

通常、加齢臭の原因になる皮脂を洗い落とすには、
シャワーでお湯をかけるだけでも十分効果があります。

ただ、耳の後ろのような加齢臭を発しやすい場所の対策には、
一般のシャンプーや石鹸で洗うのではなく、

コチラで紹介したような加齢臭専用の石鹸を使うことをオススメします。

消臭力の高い成分が配合された特別な専用のものを使うと、
耳の後ろをより清潔に保ってくれます。

ただ洗う時にゴシゴシと強く擦って、洗い過ぎるのはやめましょう。

お肌はとても繊細です。

お肌を刺激して傷つけると、
肌のバリア機能を失って肌トラブルが起こりやすくなります。

下手をすると、逆に加齢臭が強くなるということもあるので、
十分に注意が必要です。

専用のシャンプーや石鹸を使う場合は肌を刺激しないように、
毎日ではなく、週に数回くらい使うのが理想的。

現在は美容効果がある加齢臭用石鹸もありますので、
女性は肌への影響と消臭効果を比較しながら、

自分に合う石鹸を選ぶようにするといいでしょう。

家族や友人から「くさい!」と言われて傷つかないように。
今日から自分なりの対策を始めてみませんか?

加齢臭が染みついた衣類に柔軟剤は本当に効果あるの?

加齢臭が染み付いた服に柔軟剤が効果あるのか気になっている女性

加齢臭は取り除きたくてもなかなか取れない厄介な体臭です。
中高年の約8割の男性がこの加齢臭で悩んでいるという話しです。

ただし、加齢臭は男性だけに起こる体臭とも限りません。
女性の中でも悩んでいる人は悩んでいます。

それでも男性に多いのは、
加齢臭の原因の一つが男性ホルモンであるからではないでしょうか。

男性ホルモンには皮脂の量を増やしてしまう働きがあり、
このせいで加齢臭が発生しやすくなります。

どちらかというと男性ホルモンは男性に多いホルモンです。

そのため、加齢臭は男性の方が臭いが強く、
悩んでいる人も圧倒的に男性が多いのが現状です。

ただ男性ホルモンが強い女性も中にはいて、

本来的に女性は男性よりも臭いに敏感であるため、
加齢臭を発してしまうと特に気になってしまう場合もあるでしょう。

体から発する加齢臭は体だけではなく、
長時間自分が身に付けていた服にも染みついてしまいます。

これには本当に参ってしまいますよね。

こんな時に重要なのが『加齢臭対策アイテム』です。

柔軟剤は加齢臭に効果があるのかどうか?
これが気になっている人は多いのではないでしょうか。

残念ながら、柔軟剤は衣類から臭う加齢臭を消すことはできません。

柔軟剤は香りの強さで加齢臭の臭いをカバーしようとはしますが、
それ以上のことはできません。

柔軟剤には臭いをごまかす力があるだけで、消臭効果がないからです。

むしろ柔軟剤によっては加齢臭と混ざり合って、
衣類がもっと不快な臭いを放ってしまうこともあります。

そのため加齢臭対策アイテムとしての効果は期待できません。

加齢臭をどうにか取り除きたい場合は、
消臭効果のある成分が入った臭い対策アイテムを使いましょう。

「カテキン」「重曹」「ポリフェノール」「ミョウバン」などが主な成分です。

⇒【メディア取材殺到!】驚異の超消臭スプレー ヌーラ(NULLA)

また、加齢臭がこびり付いた衣類には、
ケイ酸塩の含まれた洗剤石鹸を使って手洗いするのが効果的です。

そして、その後は酸素系漂白剤をお湯に溶かして浸け置きましょう。

40度くらいのお湯で1時間〜2時間ほど浸け置くと加齢臭は大分薄まります。

加齢臭でお困りのようなら、一度試してみてください。

赤ワインで加齢臭を改善!ポリフェノールの隠された効果

加齢臭対策に効果的な赤ワイン

加齢臭の原因物質であるノネナールは「脂肪酸」が「酸化」することによって発生します。
そのため、加齢臭を抑えるには、この酸化のプロセスを抑止する必要があります。

つまり、酸化のプロセスを抑止する抗酸化作用のある食品を摂取することで、
加齢臭の対策ができるというわけです。

そこで、抗酸化作用のある成分のひとつである、
「ポリフェノール」が含まれる食品を摂取することが効果的だといわれています。

「ポリフェノール」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、

ポリフェノールとは、植物が光合成でつくる糖分の一部が変化したもので、
植物の中に含まれている、色素、苦味の成分のこと。

その種類は約300種にもおよぶと言われています。

ビタミンEの2倍の抗酸化作用により、
活性酸素による細胞の酸化を抑えるという働きがあります。

つまり、皮脂の酸化を防ぎながら、臭いの元を取り去る働きをしてくれるのです。

そして、赤ワインにはこのポリフェノールが多く含まれています。

赤ワインに含まれるポリフェノールの種類は、
アントシアニンや、カテキン、シンプルフェノール、タンニン、ケルセチンなど。

ブドウのポリフェノールは皮や種に多く含まれているため、

黒ブドウと赤ブドウ発酵は果皮や種を含む果実を丸ごと使用して造る赤ワインには、
たくさんのポリフェノールが含まれており、

とりわけ、よく熟成した赤ワインほど抗酸化作用が強いと言われています。

さらに、赤ワインに含まれるアルコールは、
腸からのポリフェノールの吸収を促進する働きがあることから、

たくさんのポリフェノールを効果的に摂取できる赤ワインが優れているのです。

余談ですが、白ワインのポリフェノールはどうなのかという点が気になると思いますが、

ブドウの皮や種を取り除いて絞り取った果汁のみで造る白ワインは、
ポリフェノール含有量が赤ワインの10分の1程度と言われているため、

赤ワインの方が圧倒的に、加齢臭の改善に効果があります。

しかし、注意しなければいけない点もあります。

過度な飲酒をすると、翌朝までお酒が残り、
「アセトアルデヒド」という代謝物質が発生しますが、

アセトアルデヒドは加齢臭の原因物質である「ノネナール」と構造がとても似ているので、

加齢臭を逆に強めてしまう危険性があることです。

そのため、加齢臭対策のために赤ワインを摂取するときは、
ポリフェノールが含まれているからといって過剰に摂取するのはやめ、
適度に摂取することを心がけましょう。